婦人科・一般

施設紹介
バーチャル体験
FAQ
再診予約システム
思い出の写真
超音波検査

山王ドームクリニック

子宮内膜症について

子宮内膜症とは?

20〜30代の女性に多くみられる病気です。原因は不明ですが、近年、未婚・既婚をとわず年々増える傾向にあります。
子宮内膜症とは、本来子宮の内側にある内膜組織が、何らかの原因で、本来あるべき所以外の場所で発育、増殖する病気です。つまり、子宮内膜が子宮の筋層内に侵入し増殖したり(腺筋症)、卵管を通って腹腔内へ散らばり、そこで増殖する病気です。
子宮内膜は卵巣から出るホルモンに反応して増殖します。この子宮内膜がはがれて出血する状態が月経となるわけです。子宮内膜症がありますと、子宮の内側以外に散らばった子宮内膜も同様に増殖し、月経の時には腹腔内に出血がおこり、周囲の組織と反応して痛みの原因となります。これが月経のたびにくり返されるため、子宮が周囲の組織と癒着したり、卵巣で子宮内膜が増殖するとチョコレート状のものが溜まった腫瘍となったりします。
放っておくと症状は悪化し、手術も必要となってきます。また、不妊症の原因となることもあります。しかし、病気が進行していなければ薬だけでも十分治療することができ、将来出産することも可能です。

子宮内膜症の症状

子宮内膜症の代表的な症状は、月ごとにひどくなっていく月経痛です。また、月経の直前から痛みが始まったり、微熱がでたりというような症状がでたりすることまあります。 月経の時以外でも腰痛・下腹痛、性交痛などがみられます。

起こるところは?

子宮内膜症の主な発生部位は卵巣、子宮外膜、ダグラス、仙骨子宮靱帯など子宮の後ろ側の腹膜であり、とくに卵巣、仙骨子宮靱帯では高い頻度で発生します。

子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療法には、薬物療法・手術療法あるいはその併用療法があり、患者さんの年齢や症状、ライフスタイルに応じて使い分けられます。
病気が進行していなければ薬だけでも十分治療することができ、将来出産することも可能です。これは、薬により、数サイクル、月経をとめた状態をつくり、子宮内膜組織の増殖や出血をとめて、病巣部を萎縮させていくものです。やがて、痛みなどの不快症状が、しだいに改善されていきます。

子宮内膜症の薬物療法

ピル・偽妊娠療法 妊娠時と同じホルモン状態にすることによって月経を止め、月経痛などの症状をおさえます。
ダナゾール・偽閉経療法 男性ホルモンで、女性ホルモンの分泌をおさえ、一時的に月経を止めて、病巣を縮小・消失させる方法です。
ブセレリン・偽閉経療法 最近最もよく行われる治療です。月経を調節するホルモン様の物質を使用します。閉経時に近い状態をつくり、一時的に月経を止めて病巣を縮小・消失させる効果があります。鼻から吸収するスプレータイプの薬剤の他、注射による投与法もあります。患者さんのライフスタイルにより選択します。

子宮内膜症の手術療法

子宮内膜症が卵巣で起こると、卵巣にチョコレート状のものが溜まり腫れてきます。このような場合手術による治療が必要となるケースがあります。また、子宮の外側におこった子宮内膜症により癒着がおこり、強い痛み等の症状がでたり、この癒着が不妊症の原因になったりしすることがあります。このような時に、手術による病巣部位の癒着をはがす治療が行われます。近年、腹腔鏡による手術が行われるようになりました。これは、数ミリ程度のたいへん小さなカメラを、おへその下にあけた小さなあなから、おなかの中へ差し入れ、直接患部を見ながら、レーザーメスなどを使い、病巣部位の癒着をはがす手術です。患者さんの負担が少なくとても優れた方法です。