婦人科・一般

施設紹介
バーチャル体験
FAQ
再診予約システム
思い出の写真
超音波検査

山王ドームクリニック

更年期障害について

更年期とは?

女性のからだは卵巣から分泌される女性ホルモンによって、心身ともにおおきな影響を受けています。女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、互いにバランスをとり合いながら働いています。女性ホルモンは子宮や乳房を発達させ、女性特有のからだつきにし、月経や排卵を促す作用があります。しかし、20〜30歳代に活発に働いて女性ホルモンを分泌していた卵巣は、50歳前後で急激にその機能を停止してしまいます。
40歳代で、それまで順調に訪れていた月経が不規則になり、やがて閉経を迎えます。この閉経前後の一連の時期を「更年期」といいます。ひとくちに「更年期」といっても迎える時期には個人差があり、一般に閉経をはさんでの10年位の間をいいます。また、どれくらいの期間「更年期」が続くのかということも、人によって異なります。

更年期障害とは

更年期には、卵巣の働きが低下し女性ホルモンが急激に減少することと、その時期の心因性のストレスとによって、心身に様々な症状があらわれてきます。まず、月経周期にその変化があらわれますが、この他にも「不定愁訴」とよばれている一定しない症状がからだのあちらこちらにあらわれてきます。主な症状としては、のぼせ、ほてり、発汗、冷え、動悸、肩こり、腰痛、めまい、頭痛、イライラ、不眠、うつ状態などがあります。これらを更年期障害といいます。のぼせ、ほてり、はその強さの程度や回数、起こる時間が人によってまちまちで、多くの場合は突然に起こり、しばらくするとおさまります。これらの症状はあまり病気としては自覚されにくいものであり、はじめのうちは、それが更年期によるものでなく、疲労などが原因であると思われがちです。しかし、更年期におけるこれらの症状も、なかには日常生活に支障がでるくらい重症なものがあります。

更年期障害の症状

血管運動神経障害 ◆顔のほてり
◆汗をかきやすい
◆手足の冷え など
運動系障害 ◆肩こり
◆腰痛
◆関節痛 など
精神神経障害 ◆頭痛、不安、イライラ
◆不眠、憂うつ など
知覚障害 ◆手足のしびれ感
◆感覚がにぶる
◆蟻がからだをはい感じ など
これらの症状は内科疾患等でもみられることがあります。
すべて更年期障害として考えてしまうと、他の病気を見逃してしまうことがあります。
内科的検査等が必要となる場合もありますので、注意が必要です。

更年期障害の治療

更年期の症状には個人差があるように、その治療方法も患者さんの症状によって異なるといえます。現在行われている薬物による治療方法としては、不眠、イライラといった症状をとるために精神安定剤を使用したり、また各症状に合わせた対症療法(それぞれの症状にあわせた治療)や、漢方薬による治療、さらにはカウンセリング等が行われています。
さらに、最近では不足している女性ホルモンを補うことによって、症状を改善しようという考えのもとに、ホルモン補充療法(HRT)がはじめられています。この治療方法は原因療法(原因となるものに対して行う治療方法)です。
また、閉経以降には、「高脂血症−動脈硬化」や「骨粗鬆症」といった成人病がふえることが知られていますが、その原因としてもエストロゲンの慢性的な減少がかかわっています。これらの成人病に対して、女性ホルモンを補ってやれば、将来的にも病気を防ぐことが可能になります。