婦人科・一般

施設紹介
バーチャル体験
FAQ
再診予約システム
思い出の写真
超音波検査

山王ドームクリニック

子宮脱 子宮下垂脱について

子宮はおなかの中で固定された臓器でわありません。種々の靭帯や組織により、骨盤内で一定位置に維持されています。この靭帯などの支持組織が弱まると、子宮が膣の中に下降してきます。胃下垂を起こすような無力的な体質の女性は、先天的に靭帯が弱く子宮の脱垂を起こしやすいといわれています。後天的な原因としては、分娩時の骨盤底筋の損傷が重要視されており、多産婦に多く認められます。 子宮の下降の程度はいろいろで、子宮が膣内にとどまっているものを子宮下垂、膣の外まで出てしまった状態を子宮脱といいます。しかし子宮の下降の程度は、立っているときと寝ているとき、力んだときとそうでないときなどでかなり異なり両者の区別は絶対的なものではありません

正常な子宮の位置

子宮の前方には、尿を貯めておく膀胱という臓器があり、後ろには、便を貯めておく直腸があります。つまり、子宮は膀胱と直腸とに挟まれた状態になっているわけです。そのため、子宮が下方へ下がってくると、膀胱と直腸も一緒に下がってくるようになります。このような状態を、膀胱脱・直腸脱といいます。

子宮脱・子宮下垂脱の症状

子宮が下がってくるような感じがするという症状を訴えて来院される方が多いようです。このような症状は、立ったとき、重いものを持ったとき、腹圧を加えたときなどに特に強くなるようです。子宮脱が高度になると歩行困難まど日常生活にも支障を来すようになります。
子宮下垂、子宮脱には通常、膣の脱垂を伴います。膣の前壁には、膀胱があり、膀胱が子宮共に下がってくる(膣の中に落ちてくる)と膀胱脱、子宮の後ろの直腸が膣の後壁より脱垂している状態を直腸脱といいます。このような状態があると、しばしば排便・排尿障害が起こることがあります。

子宮は膣外へとび出し、
直腸も膀胱もともに下がった状態
  子宮は下垂しているが、
膣腔内にある状態

子宮脱・子宮下垂脱の治療

手術がほとんど唯一の治療法です。
1. 膣式に子宮を摘出する。または骨盤底の筋肉を縫縮し、下降している子宮を上方へ押し上げる手術。(子宮の一部を摘出します)
2. 膀胱を上方へ押し上げ膣の前壁を形成し、膀胱の下降を治療する。
3. 後膣壁を形成し、直腸が膣内へ脱垂するのを防ぐ。
以上の3つの手術が必要となるケースが多くみられます。

ペッサリーというリングのようなものを膣内に挿入し、一時的に脱垂を防ぐ方法もありますが、これは、症状を一時的に改善させる治療であり、子宮脱を治すことはできません