産科

施設紹介
バーチャル体験
FAQ
再診予約システム
思い出の写真
超音波検査

山王ドームクリニック

妊娠中の検査について

妊娠初期の検査

血液検査

1. 血液型(ABO式、Rh式)
お母様がRh(-)というタイプの場合、赤ちゃんに血液型不適合という状態が起こり、出生後、貧血や黄疸が強く出ることがあります。このため、母体の血液中の不規則抗体(胎児の赤血球と結合しこれを破壊するもの)の有無も調べます。

2. 貧血
血液中のヘモグロビン量を調べます。妊娠初期だけでなく、中期、後期にもおこないます。血液1dl中に含まれるヘモグロビンの量が11g未満だと貧血です。

3. 血糖
妊娠中の血糖値が高いと赤ちゃんとお母様にいろいろな合併症がおきやすくなります。自覚症状がないまま糖尿病にかかっているケースがあるため血液中の糖を調べます。

4. 梅毒血清反応
妊娠中に梅毒に感染すると、鼻や歯が変形した先天性梅毒児が生まれることがあります。早期に発見し、治療することにより胎児への感染を予防することができます。

5. トキソプラズマ抗体
トキソプラズマという寄生虫による疾患で、妊娠中に母体が初めてトキソプラズマに感染すると、胎児に先天性トキソプラズマ症が発症することがあります。

6. B型肝炎ウイルス抗原
血液・体液を仲介して感染するウイルスです。お母様がB型肝炎の抗原を持っていると、分娩時に産道内で感染し、赤ちゃんが肝炎になってしまうことがあります。
これを防ぐために、出産直後から赤ちゃんへの予防接種などの治療をはじめます。

7. C型肝炎
C型肝炎ウイスルに感染したことがあるかを調べます。

8. 風疹抗体
妊娠中に風疹に初感染すると胎児に影響が出ることが知られています。 ただし、再感染(免疫のある人の感染)の場合は胎児への影響はほとんど無いといわれています。

9. 成人T細胞白血病
ウイルスにより感染します。このウイルスを持っていても無症状のことが多く、一部の人が中年以降に発症します。またこのウイルスは母乳から赤ちゃんに感染するため、母乳栄養に注意が必要になります。

10. HIV
エイズは、血液・体液を仲介して感染するウイルスです。
胎児・新生児にも感染することがあります。

その他の検査

1. 子宮頸がん
内診時に子宮口の細胞を採取して、子宮頸がんの細胞診断を行います。

2. クラミジア感染症
内診時に子宮頸管の粘液を採取して検査します。クラミジア感染症は性行為感染症の一種です。女性では自覚症状が少ない場合が多く、感染した妊婦から生まれた新生児の50%に感染し、結膜炎や肺炎になる可能性がありますので治療が必要です。

妊娠後期の検査

GBS検査

妊娠35週ごろの内診時に、膣の分泌物を採取し検査を行います。GBS(B群溶血性連鎖球菌)は、女性の性器によく見られる弱い菌ですが、出産に際して赤ちゃんに感染し新生児肺炎を起こすことが知られています。